最初は結婚を前提としていなくても

男女の恋愛感情なんていつどうなるか分りません。
最初は結婚を前提としてお付き合いを始めたかもしれませんが、お付き合いや肉体関係が進むにつれて、性格や価値観の不一致、夜の営みによる不一致で分かれてしまうカップルなど五万といると思います。
しかし、中には最初は結婚を前提としていなくても、一緒にいるうちに、夜の営みを重ねるうちに情が沸き、その情が愛情に変わっていて、結婚するカップルも沢山いるのです。
ですから、結婚を前提としたお付き合いではないから、お付き合い自体は長いけれども肉体関係は絶対にしない、したくないでは逆に不自然だとも感じます。そこから始まる事もあるのです。

自分自身を例に出すと、身内の紹介で結婚を前提としたお付き合いをしたことがありましたが、デートを重ねているうちに性格や趣味や食べ物の好みが全く違う事に気がつきました。お付き合いをした期間は1年以上ありましたので、もちろん大人の関係にもなりました。相手の男性は慎重な方でしたので、避妊をしっかりしてくれていました。しかし、価値観の違いはうめる事が出来ずに結局は別れました。
一年後に知り合ったのが、当時は軽いのりでお付き合いをしていた彼ですが、現在の夫です。相手も私ももちろん最初は結婚をする意思はありませんでしたが、関係はありまして、避妊も特にはしませんでした。1年後に授かり婚をしました。
今はお互いが愛情深い信頼できるパートナーです。
私の周りは結構、このようなパターンでお付き合いしたカップルはいますが、みな幸せです。セックスレスだという話も聞いた事がありません。
結婚を前提にしていないのに、関係を持つ事にだらしなさを感じる方もいるかもしれまんが、成人を超えている場合は自己責任で私はありだと思います。

あまり形式ばった考えを持っていると夜の営みに対しても気楽に出来なくなるので、もっと自然な形でいいと思います。
やはり人間として生きている以上、男女が存在する以上、夜の営みは大切です。

結婚10年、我が家の夫婦円満の秘訣について

もう結婚してかれこれ10年が経ちました。
今では一軒家も購入し、子供も2人出来てそれなりに幸せを感じて暮らす事が出来ています。

一般的に言われる夫婦円満の秘訣というものがありますが、我が家の夫婦円満の秘訣も同じ様なものであると思います。
まず、個人的に一番大事だと思うのは、「夫婦間の会話」であると思います。
お互いに仕事をしていますので、残業が続いた場合にはなかなか会話の時間が取れなかったりするのですが、会話はコミュニケーションの手段として非常に重要だと思いますので、頑張って時間を取るようにしています。

次に「たまにはお土産を買って帰る」です。
たまにお土産を買って帰る事によって、「ちゃんと君の事を考えているよ」アピールをする事が出来ます。
私の場合、喧嘩をした時の仲直り手段として利用する事が多いですね。

最後に「相手に触れる回数を増やす」ですね。
何だかんだ言って、相手に触れる事はとっても重要な事であると思います。
普段から相手に触れる事によって、夜の生活にもすんなり持って行く事が出来るようにも思います。
夫婦である前に男と女ですし、喧嘩しても夜の生活で仲直りなんて事も多いです。

と、以上が我が家の夫婦円満の秘訣であると思います。