夫婦間における夜の営みは愛情を深めるために必要

かなり高年齢になってしまった場合は別ですが、それ以外だと夫婦間における夜の営みはとても重要な意味があります。どうしてそれが重要なのかというと、夫婦円満のために必要な行いだからです。夜の営みがまったくなくなってしまった夫婦が、関係悪化を必ず招くというわけではありません。夜の営みがなくても夫婦として強い結びつきを持っているケースは少なからずあります。しかし、そうではないケースもやはりあります。

夜の営みが少なくなる、またはなくなるということは、パートナーのことを異性としてとらえていないということです。その対象からはずれてしまっているということはそれだけ本当の家族になっているともいえますが、だからこそ疎外感や距離を感じてしまうこともあります。夜の営みがなくなってしまった夫婦だと、その行いが数か月に1回あるかないかということも珍しくありません。それでは夫婦としてかなりさびしいですし、お互いの結びつきは弱くなる一方です。

夜の営みは夫婦間におけるスキンシップの大事な一環で、それをするのとしないのとでは愛情の深さが違ってきます。ただ単に性欲を満たすだけの行為ではなく、お互いの関係を深めるために必要な行為なのです。ですから、月に数回程度は夜の営みをするのが理想ですし、そのくらいしたほうが良いです。日本人は夜の営みに対して特に消極的だといわれていますが、そんな状況を少しでも改善させるために夫婦は意識改革しなければならないのです。