夫婦になってからも夜の営みは大切だと思います

夫婦間の夜の営みっていうのは、個人的に言わせてもらえばとても大事だと思います。やはり信頼関係というのもありますし、実際に性行為は気持ちいいだけではなく安心感が得られるので凄く良いとは思います。

ちなみに自分は男性ですが、やはり精神的な面でも安心するのは妻も一緒らしくて、現在では週に一回はするようにしています。ですが男性の人には分かってもらえるとおもうのですが、どうしても仕事がキツイということで夜の営みが辛くなる時がどうしてもあると思うんです。

景気の問題もありますが、やはり仕事ん残業は減らないもので、そういった要因が夫婦間の夜の営みの回数を下がらせている原因なのではとすら思っています。景気が良くないと結局はツケが回ってくるとなって、それで少子化なども引きおきってしまうのが現状だと思います。

夜の営みの回数に関しては現在では週に一回で時間は結構かけてやるのですが、どうしても仕事の疲れからか短くなってしまうこともあります。そういった疲れさえなけらば一回にかける時間を多く割けるだろうと思いますし、やはり性行為自体はまだ30歳ほどなので十分に魅力的なものなので、もうちょっと余裕をもってしたくはなります。

ただしまだ子供には恵まれていないためにもう少し夜の営みを増やしてもいいかもしれないと考えていますが、そうこうしている内に無事に子供が授かったらする機会も妻の機嫌や体調しだいには当然なると思います。やはり自分ひとりヨガりではなく妻の希望も聞くのが円満の秘訣かなと思っていたりします。